下呂ツアー 動画

  • 2017.05.22 Monday
  • 20:41

僕のGW 最終日

  • 2017.05.21 Sunday
  • 02:13


最終日も灼熱。
下呂に来てから3日ずっと灼熱だったが今日はさらに灼熱の29度。






あまりに暑過ぎてソフトクリームを喰らい前日に仕入れた情報をもとに馬瀬へ。


とりあえずアップに丁度良さげな簡単課題が沢山ある岩にてアップをしながら初段などを登り楽しんだ。
ここですでに飲み物尽きた。





一通り蟹さんと登り尽くしたので移動準備を始めるとなんとそこにガチ男登場!

聞けば他にも開拓中の岩があるとの話を聞き案内してもらい予定変更で馬瀬にとどまり遊ぶ事とした。


一通り岩を案内してもらい日陰で比較的涼しいところで遊び初段などなどを登り楽しんだ。





夕方になるにつれ風は止み湿度上昇で追加で買った飲み物もあとわずかになっていた。
2リッター以上飲んでもまだ水分を身体が欲してた。


最後は格好良い2段。








ホールドは悪くないが下呂に来てからずっと慣れずにいた距離感に苦しまされこの暑さにもやられ蟹さんと共に仕留めにかかったが体力の限界。
湿度も上がり上部ですっぽ抜けそうで気が抜けないトライを繰り返したが時間切れ…


かなり悔しい敗退をしてしまった。


薄暗くなると帰りが面倒そうなので撤収。
こうして岩ツアー最終日を終えた。


小川山から始まり瑞牆そして下呂・馬瀬と移動した1週間。
色々な方々と登り充実した岩遊びでした。


下呂はまだまだやっていない格好良い岩が沢山あるのでまた涼しくなる頃に絶対に戻ってこよう。



僕のGW 6日目

  • 2017.05.20 Saturday
  • 00:09


車中泊5日目の朝も起きると灼熱。
怠い身体を引きずってゆっくりと朝食を喰い五右衛門岩でアップをする事にした。
易しめと思われる課題でアップするだけで体力を奪われるので蟹さんのアップが終わるのを待ち鼠小僧 初2段。





この岩は全体的に登りやすく熱々マントルで一度心折れて降りたのちゲットン。
ガバガバで気持ちは良かったが灼熱だった。
続いて盗賊 2段。
蟹さんがムーヴ解決後に難なくゲットン。
続いてゲットン。
なかなか面白い課題だった。
これも結構登りやすく感じたがエリア毎のグレード感の違いかな?
面白い岩だった。








カメラが高熱になり動かなかったので冷えたとこで再度登り直したり写真撮ったりしたのちにランドロックへ移動。





なかなかのスケールで格好良い!!
さっそくランドロックをバラしていると謎の腹痛が…
腹が痛すぎて取り付いても力が全く入らん。
それでも誤魔化しながら靴を履くも動く事も出来ず観戦に徹した。
心も身体も腹も使い物にならない。
蟹さんも疲れたらしく隣にチョークの跡が続いてるラインをやりだし登ったところで終了とした。








あとはいつも通りコンビニで飯を喰らい温泉で長湯して最終日に備えた。


最終日は馬瀬の情報を頂いたので馬瀬にてアップ後ゲロックにて登る事とした。

出し尽くそう。
腹が治ってくれることを祈ろう。




僕のGW 5日目

  • 2017.05.19 Friday
  • 00:05

小川山より一時帰宅し4日振りの風呂を堪能したのち蟹さんを拾ってから下呂へ。
起床より25時間後に下呂着。
途中の道の駅にて爆睡した。


だるい体を引きずって初日はとりあえずワールドロックへ向かいアンセムを登った。








アンセムはジムっぽい課題で高さもそこそこありめっちゃ良い課題だ。
リーチによりグレード感はかなり変わりそうだけど少し登りやすく感じたかな。

登った後は睡魔に襲われ2人シア爆睡。
起きるともはや身体は死んでいた。


近くにあった初段にハマり蟹さんに託しやる気のないやる気を見せて見学。


あとはグダグダになった。
アンセムSDは登れず。


花崗岩からのツルツルホールドに順応出来なかったなー


明日も気合い入れないと身体が持たなそうだ。


4日目

  • 2017.05.17 Wednesday
  • 19:14


ザワと別れさて帰るかと思っていたがまた帰って拾ってから小川山は面倒すぎる!
なので電車にて韮崎まで来てもらい拾い小川山へ。


小川山では昨日のメンバーにこんにちはしてからSさんの居る石楠花エリアへ。
気持ちええのー
気持ちええのー
眠たいのー
でも、楽しそうやのー
でも、明日からもあるしレスト!!
心に決めてたのに結局登った。










飛沫。
苦手感満載な課題だったけど登れて良かったー

これで石楠花に残る課題は2段だと石楠花か…







あとは皆さんと合流し見学&応援で雨が降るまで登っておしまい。


いやー
今日も楽しかったぜい!!!







僕のGW 3日目

  • 2017.05.16 Tuesday
  • 23:02


3日目な今日は1度帰宅後にザワを拾いまた瑞牆へ向かいザワがリベンジしたいと言うカルマ予定だったが結局帰るのも面倒なんで現地合流。



10時には合流予定だったが渋滞やらでどうやら遅くなりそうって事で皇帝岩にてアップしよかと思ってたがグッタリしていまった。
登る気もせずにのほほんとしてたら何やら見覚えのある人が…



Jやん。
この暇すぎてどーしょーもない状況が一変したがやはり登る気せずなので楽しい話を聞かせてもらい和んでた。





Jのエンペラーモス?観戦したりしてたがお腹も減ったので車へ戻るとザワ来た。
7時に出たのに着は11時過ぎでグッタリとしておった。
おつかれさん。



予定ではアップ完了後にサクッとカルマやってまだやってないツアーでもしよかと話してたが人も多いしお久し振りに二刀流にこんにちは。



二刀流へ着くと更に知った顔が。
半ば強引に巻き込んでグダグダしたのち登れたであろうトライをやらかしてそのままごめんなさい。
やっぱこれ苦手だわ。

次回ちゃんとやりに行こう。


で、ザワ御所望のカルマ。
サックリ登って次行きましょ!って言ってたが…
何故マントルで降りて来るねん!!!
そんなんを何回か繰り返しちょっと本気で応援した。








とりあえずザワが登ってから再登しネタ集めの動画でも撮ろうかと思ってたけどレストするってんでその隙に登った。

ザワはヨレたらしく移動。
なんでやねんっ!
きっと謎の睡魔のせいだろう。
いや、半ば無理やりやらせたその他の課題がいけなかったか?
前回に引続きクソ悔しそうだったので次回は普通に登ってくれるでしょう。


たぶん。



日・月と歩き過ぎて疲れたのでアプローチ近めなとこで遊ぼうとお願いし移動。

楽しそうな岩で課題も何も知らん岩をダッシュして登ったり適当に登って茶を濁し心地よい疲れでバーミヤンを目指した。





バーミヤンで見つけた本は怖くて手に取れなかった。




今日は帰ってまた何処かへと思ったけど…
帰らず。


僕のGW 1.2日目

  • 2017.05.15 Monday
  • 17:48


深夜からの仕事ならの深夜終了にてそのまま小川山へ。


深夜着で就寝後に廻り目平に入りD氏と合流後はまったりと話しながら飲んだり川遊び。






ゆったりしてからの簡単な岩遊びを堪能した。
名前を忘れたが登るよりアプローチの方が疲れる程度のマルチってか坂道でしたが途中向かいの斜面が崩れるのが見れたりとなかなか楽しかったわ。





もう少し派手に崩れてたら下の林道まで行ってそうだったな。








サクッと岩登り的なものを楽しんだ後はD氏帰宅。
焚火もしたいのでこのまま廻り目平にとどまりナナーズで肉とキノコを大量に買い込み1人静かな夜に肉とキノコと酒を楽しみ1日目のGWが終わった。


色々な山遊びが出来る仲間が居るってやっぱ良いわ。
もっと山を楽しみたい。
そんな事を思う夜でした。





翌日は起きると10時…
1人でも起きる時間は変わらんのだな。

何やろうかと考えてもなかった。
仕方なしにボケェ〜っとしてから仕方なくマットを背負ってまだ登れてない初段シリーズへ向かった。
とりあえず皐月。
が、まったくやる気せーへん。
一服しながら周囲を見ると夜長がいるじゃねーか。
一手もんとの情報を黒本マスターより聞き出していたのでアップがてら取り付くとわりーのわりーの。


下からやるともっと悪かったけど。
ま、上からで良いらしいのでペシペシしていると何となく出来そうな雰囲気したとこで雨が…
ペシペシし過ぎて皮が無駄にすり減るし湿気ってくるしでやめた。
また今度ですな。
敗退。


雨も強くなったのでこのまま降り続くと駐車場までにかなり濡れそうなので下山。
歩いていると雨もほとんど止んだのでどーするかと考えてたらふと見上げるところに冬の日。
んじゃ、冬の日にご挨拶。
スタート分からんのでマット敷かずに届くガバからにしペチペチしてからの左ガストン。









身体のサイズ的にはヒールが良いんだがその後の解除を考えてヒールはポイした。
そこからはひたすらトウムーブ。
微妙に気持ち悪いが何とか止まり寄せてからのー
痛い痛い。
効率悪い事をひたすら繰り返し修正しながら楽しんでるとまたもや雨…


しばらくすると止んだかその後も降ったり止んだりの繰り返しで皮も痛いので撤収とした。





何も登れてないけどゆったりとした静かな時間を過ごせたので満足!!


帰りは山梨で約束してた飯食って帰宅予定。


今日は1度帰ってからまたザワと瑞牆かな。



モヤモヤ瑞牆

  • 2017.05.09 Tuesday
  • 23:17


書くべきではないかもですが…
書く!
と言ってもたいした事を書く文才も無ければ頭もないので思う事を思うままに後半書いときます。


まずは本日のお楽しみから〜!
怒涛の連勤が終わりお楽しみ第1弾の岩遊び。
with ザワ。
いつも通り朝自宅合流後に瑞牆。
何やるかも特に決めてないので現代文明を駆使して瑞牆のやってない初段を調べる。
注・動画はみない。
すると何やら狆穴子 初段・羽音 初段ってのが目に止まったので早速どの辺りにあるのかを調べながら瑞牆。
場所はだいたい分かったのでアプローチするとすぐに発見出来た。
しかしこのエリア…
まだ初登出来るほどの場所なのか?との疑問を持ちつつまずは狆穴子へ。






スリップで落ちてプルプルしまくって登りザワはそのままフラッシュ。
何でか分からんが体に力も入らずプルプルしまくってケラケラ笑った。
いや、笑われた。
2人とも睡魔と腹痛に襲われてた。


登り終わり2人してモヤモヤ。
どーやっても初段と言うグレードには程遠く不明。
高難度から遠ざかりファンクライミングを楽しむ老いぼれなので別にグレードに拘っている訳ではないのだが釈然とせず2人の体感は4級くらいとなった。
あくまで再登者の意見です。


モヤモヤとしながら羽音へ。
こちらも見た目からして初段の雰囲気は皆無。
しかし瑞牆あるあるで何かトラップがあるのだろうと思い止まると寝てしまいそうなので開始。
そして終わり。






体感は3〜2級か?
抜けが違うのかと少し右寄りの抜けも試したが…
変わらん。
てか、若干楽。


ここでザワは半落ち。
で、移動。
何やろうかと考えた結果ザワがまだやってないカルマへ。





スタート位置すら忘れたので登ってない気分で取り付く。
しかしここで問題が。
スタートを上下のセパレートか下のガバか?
試した結果自分たちのスタイルを含めた協議の結果下をマッチからのスタートとした。
やってみると初めて取り付いた7.8年前もこれでやった気がする。
初手の左手取りが気持ち悪い。
ちょいと足位置変えたら止まってそのまま登れた。
モヤっと感が消えてスッキリ。
ザワはリップまで行ってそのまま落ちた。
てか、降りた。
どうやら今日は俺より調子悪いらしい。

登れたので移動。
2人とも連勤のせいか下半身ガクガクなので近場な岩をって事で言葉と物。
着くとザワ撃沈zzz
おやすみなさいしてるのでお久し振りな言葉と物。
数回やると繋がりそうで繋がらない雰囲気になってきた。
そうこうしてる間に辺りは白モヤモヤ。
今日は色々な意味でモヤモヤする日らしい。





涼しいんだけど動くと蒸し暑い感じなので久々に脱いだ。
もう、ダルダルな体なのではずかちっ。

深追いする気もないのでまたそのうちやれば登れるだろうと思い最後はムササビへ。





オカ持ちで右手プッシュしたりしてたら背中痛めた笑
ムーヴ迷子になりながら最終的には最後は飛べば良いんじゃね?的な意見で合意したとこでパラパラと雨が降ってきたし寒いし眠いし疲れたので満場一致で退散。
帰りはバーミヤンでやり過ぎなくらい喰らい帰宅した。




それではここから…
今日は道中の会話からも岩でも色々なモヤモヤ。
一応クライミングを生業としているで書くべきではないのかもですがあえて書いてみる。


クライミング。特にボルダーはブームにより沢山の方々が色々なスタイルで登ってる。
ぶっちゃけ誰がどんなスタイルで登ろうとどーぞどーぞ。
所詮自己満足スポーツで個人個人楽しめば良いんです。
私たちもそうですから。


グレードを追おうが格好良いラインだけを登ろうが別に良いさ。
しかし…
最近本当に思うのさ。
グレードと言う数字について。
前にも書いたがこの議論をしても色々な人の意見などがあるのできっとまとまらないだろう。
グレードを目標とするのも否定しないし良いと思う。
むしろ目標が課題であったりグレードってのは非常に良い目標と思うしある意味クライミングはそれしかないと思う。
ただね。
追いすぎて目標ってよりも何か違うものになってないかい?


グレードはあくまで目安でかつ流動的。
特に岩では欠けたりシーズンだったりでかなり体感は変わるはず。
しかし最近ではお買い得と言う物も多数あり見ていると?しか付かん。
別にどーでも良いんだよ?
本当に。


でもさ、本来グレードはトポに記載されたものが正しいのではなく本人の経験と体感で決まり幾人もの再登者の意見で落ち着いていくと思うのさ。
トポなどにに出ている殆どは初登時のものが大半じゃないかな?
もちろんトポ公開前に幾人もの再登者との意見交換で決まり記載されたエリアもあるだろう。
もし初登者と同じ物を追うならば時代やシューズなどの道具・スタイルそして使ったホールドとムーヴなど全てを合わせ同条件にしなければ出ていかと思われる。
まあ、極論だけど。


何が言いたいかって?
もっと自分を持とうよ!
己と戦えや!
自分と向き合い自分に負けず不可能を可能にしていこうや。

それがクライマーだろ!

数字は自分と向き合い経験を積み重ね自分の中にグレードを持つべきで他人の決めた事が全てではない!


課題を登るのにいやグレードを追うのに近道はない。
効率良く登りたくてYouTubeやらでの予習も結構。
でも、効率良く登りたいなら梯子でも使えば?
いや、エイドで良いでしょ。


苦労して時間をかけて己を鍛え上げ登れた時こそ真の喜びがあるんじゃないかな?
もう一度言う。
近道はない!


遊びだからこそ皆で楽しむためにも皆んなで意見を出して行くべきだと思う。



グレードやスタート位置などもっと感じようや。


クライミングがただの自慢大会的なつまらないものにならない様に願います。



あくまで個人的な独断と偏見を交えてますので気を悪くされる方もいると思いますがご勘弁を。
会った時にでもたっぷりと文句でも何でも言ってくださいね。



よっしゃ!
休み多くなるし遊ぶぞー!



瑞牆

  • 2017.04.25 Tuesday
  • 23:21


ザワ&S子さんと朝合流し瑞牆へ。
ゲート開いたしアプローチ楽チンやし大面。
ポカポカ陽気かと思いきやちょっぴり寒い瑞牆。


アプローチ途中でアップしよかって感じでDKマントル。
よそ見してる間にザワが登って移動。

疲れるんで途中の限られた時間左抜けの2段?へ。
いてーよ!
さみーよ!
飽きて移動。
つーか、これムズくね?





またまた移動でコオモテへ。
下地わりーな…
とりあえず疲れたんでダラダラしてると何やら呼ぶ声が…


誰かと思ったらDK居た。
んで、コオモテ。
警戒してたよりずっと感触良さげだが数トライして寒さとダルさによりやる気失せた。


DKと話してたらリョーマも来た。
相変わらずな感じで元気そうで何より。
適当に話して移動。


S子がやってた膨張一級に参戦し登って移動。


DKが適当な感じでオススメしてくれた泉三級へ。





高さもそこそこありGOOD!!
光り輝く岩にホールドと足を見失い落ちたがゲットン。
こりゃええ課題やー。





時間になったので少し早いけど撤収。
なーんも成果なんてありゃしなかったけど懐かしい顔と山に癒され充実した1日が過ごせた気がする。
しっかしここまで登れない日は久々だったかも。
ま、こんな日もあるよね!
普段やらない課題も触れたりと色々楽しめたから良しとしましょ。


これで忙しいGWを乗り越えられる気がするぞ〜


帰りはハムスターと合流し4人で肉を喰らい帰宅した。








遊び足りねぇ〜





PC変えたら・・・

  • 2017.04.16 Sunday
  • 08:24

 

 

iMovieに戸惑うの巻。

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM