忘れられない場所

  • 2016.10.08 Saturday
  • 16:44

3日目は5時30分に起床し水位の確認から始まった。

ほぼ平水。

とりあえず日課の焚火で朝食を作り最終日のスケジュール確認後7時過ぎにテン場に荷物を残置してガンガラシバナへ向かった。

 

 

本来なら2日目にガンガラシバナ登攀そして下降し下山を考えてテン場を移動する予定だったが天候により全てを考え直す必要があった。

ガンガラシバナを見ずに下りるとの案もあったがここまで来たんだから行こうとの相方。

確かにここまで来たんだから絶対に行きたかったが増水を避ける為にとったテン場はアプローチ下降点すぐ近くだった。

ここから1日でガンガラシバナまでの移動ピストンでテン場にて荷物回収からの下山となるとそれなりの時間がかかる。

テン場よりガンガラシバナ  約4時間

ガンガラシバナよりテン場  約4時間

回収から下山  約4時間

かなり多めに見てるが合計12時間。

相方の体力がもつか…

 

 

迷ったが強行ピストン決定。

少しでも時間オーバーまたは体力面が厳しそうなら即下山。

これだけを気を付けて下山はヘッデン下山を覚悟し向かう事とした。

 

 

{7583DE9F-0572-4BA6-B339-9576637E2B7D}

 

{1D916747-7BF7-42B3-9DA9-975DB20F806F}


 

テン場からガンガラシバナまでの道のりは河原歩きメインで全く面白くも何ともない。

それでも時々ゴルジュぽい物も出て来て退屈凌ぎにはなった。

 

 

{93271961-2060-4E91-AE28-3D7D70EB082C}

 

{A7B917C0-3840-41CA-8081-0AFAF0DB9402}

 

 

{B0E4C67F-210D-4066-A67D-274BEDF92A3B}


 

たまに水遊びして寒がってる奴も居たけど基本だる〜いアプローチ。

歩き始めて2時間ほどすると見たかった滝が現れ少しテンションUP。

 

 

{AB9C83A3-E016-472E-A196-01A321358556}


 

2段7mくらいか?

落ち口は美しい曲線を描き何故か右には丸く抉れた滝壺。

うーむ

これも何とも言えない自然の造形美。

しばし眺めたがそこまでの時間もないので先を急いだ。

 

 

 

{124BD56C-4FD9-4255-A855-6D58B383102E}


 

 

またまたしばらくつまらない河原歩き。

すると徐々にスラブ帯の山々が近づいて来た。

やがて景色は岩肌に囲まれていよいよそれらしい景色に…

 

 

{0F7C4546-F6D2-4B1F-9182-414D1F5E68B4}


 

 

遥か先には大滝も…

ついに二俣へ辿り着き右俣を覗くとついにそれは現れた。

 

 

 

{63FB010A-F6D7-44B6-82DE-6E3AD1A6D365}


 

 

威圧的かつ美しく攻撃的な滝。

一面をすり鉢状に抉られたガンガラシバナ…

 

 

{B0C60884-036C-424B-8731-8E2448039FC8}

 

{64867C6A-C4CE-4F94-98E2-DF11AD158F08}


 

さらに近づくと全面スラブの大パノラマ。

本当に嬉しかった。

互いに喜び合いしばしその絶景を楽しみながら休憩をした。

ここまで来たいと思い続けて何年かかったのだろうか…

登攀もしたかった。

そんな気持ちを抑えて夢のような短い時間と空気感を身体の隅々まで刻み込み次の機会には登攀し上からの眺めてやると誓いその場を後にしテン場へ舞い戻った。

テン場へピストンで戻り辿り着いたのは14時30分。

予定よりも少し早いが先を急がねば一ノ越越えてすぐに暗くなってしまう。

暗い中での滝下降・スラブ滝の下降は避けたかったので荷物をまとめ一ノ越へ登り返し。

ここでも相方はかなり頑張ってくれて1時間でコルへ。

そこからひたすら下降。

踏み跡バッチしな沢への下降路は来た沢筋より分かりやすくはあったが歩きにくく神経を使った。

 

 

途中所々にピンクテープで巻道などを発見し使わせてもらったが最後はついにヘッデン下山。

しかし最後に見つけた巻道はなんと二俣付近より道路まで快適に降りれる道となっていた。

 

 

{F4C455E2-4E09-4F8C-B678-05E5412EB0A9}


 

 

クルマまで辿り着くとまだ道はほんのりと明るかった。

すぐに暗闇とらなってしまったがお互い安堵しこの3日間を振り返りながら帰路に着いた。

 

 

自身の人生の中でもっとも美しい景色の1つとなった。

 

 

再奥にそびえ立つガンガラシバナ。

次こそは登攀だ‼

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM